スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.05.01 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    47

    0
      お笑い路線の収束もそこそこのラスト3部作。この1年近くは一体なんだったのかと思わずにはいられない終焉の幕開けだ。

      ツルギぼっちゃまの最期も相当なものであったが、あたかも3話連続モノが始まったがごとき唐突感。ワームとの戦いを2〜3分の走馬灯映像にまとめていたが、乃木某までその中にさっくりと納められ中ボス(だったのか?)の面目まるつぶれ感に同情を禁じえない。ワームが接近すると赤く変色するという謎の石をばら撒くネィティブのエライさん根岸。あくまで腰の低い営業スマイルの御仁であるが、時折意味ありげなアップなぞ絡めつつ何かを匂わせている。中ボスクラスだったワームおねいさんも乃木某も、断末魔の折になんにも言い残さず逝っちまったもんだから、ワームとネィティブが対立している理由も不明のままワーム=悪としてずんどこ進んでいる。出し惜しみもいい加減にしたらどうかの。ラス前になって実は根岸さん超ワルモノ化する気配濃厚。そのままいい人で終わってくれたらいいなと淡い期待。

      黒天道も大概しつこい相手なのであるが、”やはりお前はオレではない”といいつつ留めを刺さぬ天道も解せぬ。ワームを倒すことにかけては非情を貫くと言い切った男にしては不甲斐ないではないか。ひよりとの関係もイマイチよくわからなくなってきている。明らかに樹花ちゃんがいる上に妹ネタを被せた失敗と思わざるを得ない。思わせぶりに見詰め合っちゃったりしてるチミたち。おばさんはそういうの吐き気がしますぞ。

      はてさて、本筋とは無縁に独自路線を突っ走らされている地獄師弟。無理矢理ネックレス配布場所に絡まされる影山が不憫だ。これまた唐突に”白夜”とか言い出す矢車師匠も哀れだが、急に熱発の影山。”夢の島ドラム缶詰め”をやる気か?そもそもホッパーゼクターは誰が作りどうやって矢車師匠が手に入れたかも不明なのだが、そういうことすっ飛ばしてまでネタに走るのだろうか。まぁいいけど。

      一番の無理矢理は、ひよりを連れ戻すミッションを共闘して成し遂げた天道と加賀美にドラマを与えんと対立構造を捻じ込んでいることだろう。”気に入らないから”だけでZECTの(というかネィティブの)ワーム殲滅作戦の邪魔をするものでもないだろうが、今までネィティブについての謎解きが皆無なもんだから、観てるこっちが天道の肩をもっていいやら悪いやら迷うのである。根岸もいい人っぽく振舞ってるだけでいい人じゃないし。底の浅いどんでん返し劇に、根っからお人よし・チーム田所が慌てふためく様子が仄見えて次週。最終回まで生き抜くのだ>田所さん

      スポンサーサイト

      0
        • 2011.05.01 Sunday
        • -
        • 09:31
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        ついに始まってしまいました最終章三部作。 それにしても、なんとレビューの書きにくい回だろう・・・。 見終わった直後は、2時間推理サスペンスの頭30分《1/3の40分ではなく》を見たところで感想書くような感覚になりまし
        • Mayの人生舞台裏
        • 2007/01/11 12:45 AM

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << May 2019 >>

        selected entries

        • 47 (01/10)

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        ひなちゃんの日常
        ひなちゃんの日常 (JUGEMレビュー »)
        南 ひろこ
        やわらかくてあったかい、ひなちゃんの日常。

        recommend

        キャミソール&ワンピース
        キャミソール&ワンピース (JUGEMレビュー »)
        文化出版局, 月居 良子
        キャップスリーブに挑戦中

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM