スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.05.01 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ネクサス 第25話 憐―ザ・サード―

    0
      新年度でデザイン一新、先週までの重苦しい鬱モードから一変したネクサスであった。オープニング映像がかっこいい。どうして最初からこのくらい作りこみしなかったんだろう?新生を謳うならそのくらいやって欲しかった。都会の街並みに佇んだりバック転したりするのを見ると、否応なしにネクストが連想されるのは私だけではあるまい。サブタイトルからしてサードである。

      家人曰く
      普通に面白くなったですね。千樹 憐の今を描写し、一見普通の少年(17歳ならまだ少年ですな)ながら、知能の高さやビースト現場から映像を読み取る特殊能力(ジャスミンみたいな、つまりエスパー?)があることなどを上手い具合に散りばめて、憐をぐっと視聴者に惹きつけてくれたようだ。本家ネクサスサイトキャスト紹介でも、孤門くんに次いで2番目に昇格したようだが、正直あの写真と紹介文だけでは何もわからないのと一緒であった。苦しみぬいて戦った姫矢くんを継ぐものとして、単純にカラーの違うキャラクターにして、ぐずぐず悩みつづける孤門くんと対比していくのかな?と思ったりしたのだが、憐という少年、なかなか奥が深いようだ。

      憐がダラスから日本に来たという点、そして松永管理官が20年前アメリカで発見されたビーストについて意味ありげに語っていたこと、凪の両親がアメリカでビーストに殺されたことなどに繋げていくのであろう。ローンガンメン繋がりでロズウェルネタなどにも話が広がるのかなぁと思ったり。ナイトレーダーアメリカ(NRA?)とかいって、ガイアのときみたいになんちゃって外人俳優(恐らく演技することはほぼ素人、ただ外人っていうだけで連れてきちゃった系)にNRスーツ着せたりするかもしれない。ウルトラ作品での国際色描写ってイマイチ感ありありなので、できればセリフのみで終わらせて頂けたら幸いです(誰に向って言っておる)。しかしロズウェルはニューメキシコ、ダラスはテキサス。それって近いの遠いの?

      そんなことはともかく、光に選ばれた憐。戦う動機もわかりやすく、少年らしく光を恐れることもなくタメ口で相対するところも面白い。生意気さ加減では吉良沢にかなうものはいないだろうが、孤門くんが急に大人びてみえてきたりしているのも憐が元気な少年風だからだろう。今後の展開に要注目である。とりあえず姫矢ショックからは立ち直れそうだ。

      スポンサーサイト

      0
        • 2011.05.01 Sunday
        • -
        • 07:19
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        ひなちゃんの日常
        ひなちゃんの日常 (JUGEMレビュー »)
        南 ひろこ
        やわらかくてあったかい、ひなちゃんの日常。

        recommend

        キャミソール&ワンピース
        キャミソール&ワンピース (JUGEMレビュー »)
        文化出版局, 月居 良子
        キャップスリーブに挑戦中

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM