スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.05.01 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ネクサス 最終話 絆―ネクサス―

    0
      無理やりではあったが、最終話としては悪くないなぁと思った次第です・・・って終わってもしゃーないのでもうちょっと書きなさいよ>自分。

      今日の視聴を前に、ウルトラマンネクサスヒーローピクトリアル・姫矢編なるものを読んでしまった。そんなもの読まずとも、石掘がアンノウンハンドの正体だとか孤門くんが変身するとかはおおよそわかってはいたのだが、それでも最終話を見る前に読むべきじゃなかったなと後悔した。読んでいなかったら、最終話に対しての味わい方もちょっと変わっていたような気がする。それについては後日まとめたいと思っているのでここでは割愛。

      リコちゃん=ファウスト、溝呂木=メフィストなどの全ては、18年前から始った「凪が光を受け継ぐまでの壮大な前振り」 だったのだと一世一代の石掘の大演説(一番最近の三沢=ツヴァイはさっくり省略)。溝呂木が廃工場に凪とともに乗り込んでいったとき、固唾を飲んで様子を見ていた隊長の背後で、石掘はあのニコちゃんマークみたいな微笑を浮かべていたということか。そして、自分のダメ人間ぶりに呆けた孤門くんが石掘を援護放棄してよもや・・・という場面でも、内心ほくそえみながら絶叫していたというわけか。んー。どうでもいいことはなはだしいことばかり思い出していた前半。石掘不運なり。見ているこちら側が石掘に好意的感情を持てない以上、アンノウンハンドの正体でしたと明かされたところで「あーそうなの」としか思えないよ。それを現すかのように容赦なくランチャーをぶっ放す隊長。仮にも部下だった男に対して銃口を向けるのになんの躊躇もないのかい?とか思われてもしょうがないだろう。ここで再度溝呂木が出てきてザギになったらすんごい驚いたと思うけど。

      憎しみを捨てきれなかった凪は、まんまと変身して光を闇に吸い取られアンノウンハンド=ダークザギは復活。なんだか知らんがTHE ONEからこっち、お気に入りらしい新宿でおお暴れ。人の多い場所=恐怖心(闇?)の集まる場所ということなんだろうか。そんな事態になってもどうすることもできないTLT-J。コールセンターみたいなおねえさんは一人で各地の被害状況を聞き取っているが、自由の女神をぶち壊すビーストだの逃げ惑う群集だのの描写がないことの寂しさもひとしお。さみしい世界の終末・・・ゴキブリ大発生で世界が終わる よりかはいいか。

      闇に取り込まれた凪を救うべく、何の考えもなしに(これは誉め言葉)飛び込む孤門。”あなたの厳しさがオレを云々〜”を言わすがためのビンタの数々だったわけか。当然みてるこちら側の脳裡には、孤門くんが凪にビンタを食らうシーンが走馬灯のように走る。そして”服隊長〜!”となんぼ呼びかけても反応しない凪を呼び覚ますのはこれしかないとばかりの諦めるな! のタメ口。「今なんつったコモォォォォォン!!!」と一発オッケー。孤門くん、成長したね。そして新宿に降り立つふたり。どうでもいいや、とにかく光は凪から孤門くんに渡り、光は絆、ネクサス の言葉とともにとうとう変身した孤門くん。ダークザギは、この展開は予知できなかったのか?とかいうことは置いておいて、赤→青と、孤門くんゆかりのデュナミスト達の応援を受けて戦う孤門ネクサス。孤門独自のカラーリングでないところが若干サミシイ。真木と面識がないこともここにきて痛い。孤門くんが溺れたとき助けてくれた宇宙人が真木だったら(いや、真木はれっきとした地球人だけど)・・・との望みがあったのだが、それが繋がっていたならば、見守る人々の光を信じる心を受けてTHE NEXTになって、劇場版で涙した世のお父さん世代を号泣させたことだろう。

      しかし、Project Nとやらの都合でノアに変身する孤門くん。圧倒的な強さでザギを大気圏外までぶっとばして粉砕。THE ONEのように闇の胞子となって拡散することなく退治できたのは、やぱTHE ONEのときの教訓が活きたのか?記憶処理については、なんだかやりすぎの感ありで深く追求してもしょうがないので放っておこう。孤門ノアの奮闘空しく、1年後もビースト駆除に追われるナイトレーダー。和倉チーム以外もおおっぴらに活動している。ビーストが存在することと共に、抑止力も持っていることを公にすることにより、人類は闇に打ち勝とうとする力=光を得たということか。和倉チームは石掘を欠いた4人のままらしい。しかしシリーズ当初とは一味違うたくましい表情の孤門くんが少年に言う。諦めるな と。見てるこちら側はお約束のセリフを心に刻む。おまえもな

      逃げ惑う人々の中に、姫矢と憐がいたのはうれしかった。しかしこの2人以外にも、佐久田さんや根来やUFO研究会やリコちゃん兄妹もみせてほしかった。凪ビンタシーンともども、脳内補完するより仕方ないのか。エンドロールと共に流れるは、姫矢編オープニング曲・英雄。いい終わり方だと思った。1年に満たない間ではあったが、見届けたよ孤門くん。見てるだけじゃ始らない そうだよ。ここからだよ。

      スポンサーサイト

      0
        • 2011.05.01 Sunday
        • -
        • 13:44
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        >ANCHORさん

        再びいらっさいませ。

        >凪は18年間寝かせに寝かせて、あれで終わり?とも。
        ザギ的には凪には捨てがたいモノがあったのかと。山田さんが山口くんに
        覚える親近感のような。だから孤門くんも苗字が「なぎら」とかだったら
        よかったのか?ちょび髭はやしてフォークソング歌い出しそうですが。

        >(笑)。自信満々で曲を入れたのに、ワンコーラス歌ったところで急に周りの空気に気が付いてしまった(笑)。
        しかも店の人から「お時間あと1分でこのまま閉店ですので延長はできません」と
        内線が入ったにもかかわらず、その1分以内に歌いきるためにテンポアップさせて
        無理やり歌いきったと。そしてご本人は”ラップ調のマイウェイもイケルな”とか
        ご満悦だったり。でも、聞いてるもんからするとドリフの早口言葉レベルでしか
        なかったというこの哀しみ。

        >そうか、「まん宇」もあの領域に紙一重……。彼らが唯一エライとすれば、最後までマイウェイを歌いきったところか。
        一応テンポはそのままですが、金沢明子のイェローサブマリン音頭よろしく
        民謡調にアレンジしたところが分かれ目かと。

        >限界点があるとはつゆ知らず。パティオ以前、ホームパーティの行数制限を彷彿とさせますなあ。
        引用も手作業で。全自動洗濯機全盛の今に、洗濯板でちみちみ手洗いしてるような
        そんな「私の小宇宙」な感じがしみじみしますです。肴はあぶったイカでいい。



        • mawi
        • 2005/06/29 6:50 AM
        しまった。また切れてしまった……。バイト数を計算して入ると踏んだのですが。まだまだ青かった。すみません。

        -------------------------------------
        >>1投目、約1,851バイトありました。

        限界点があるとはつゆ知らず。パティオ以前、ホームパーティの行数制限を彷彿とさせますなあ。
        -------------------------------------

        ……しかも、敢えてふたつに分けて入れるほどのコメントでもないところが泣けます。
        再び毎度です。

        >>ブレイドみたいな「本当にこれ終わるの?」的不安はなかったんですけどね、見終わって感じるのは奇妙な安堵感でしたね。

        薄々わかってはいましたが、狐門が変身するときは「そーかそーかやっとキミの番か。がんばれ」と思いました。同時に、凪は18年間寝かせに寝かせて、あれで終わり?とも。

        >>歌いたかったんでしょ、マイウェイ。だったらちゃんと最後まで歌いなさいよ、ですわ。

        (笑)。自信満々で曲を入れたのに、ワンコーラス歌ったところで急に周りの空気に気が付いてしまった(笑)。

        >>そこらへんまで味わえるようになったら私らも大人の階段を一歩上がれるということなんでしょうか。そこらへん「まん宇」の領域に近いのか遠いのか。

        そうか、「まん宇」もあの領域に紙一重……。彼らが唯一エライとすれば、最後までマイウェイを歌いきったところか。

        >>詩織隊員(っていうんですよ撃たれた彼女)

        覚えておきます。この先役に立つ日がくることを祈って。

        >>追いかけて行くメンツのあまりの少ないこと少ないこと。

        そういえば管理官、来ませんでしたね。

        >>・・・見所は満載でおちおち見てられない・・・ってそれってどういうこと?

        枝葉が魅力的過ぎて肝心の幹が……。

        >>吉良沢にも「おまえは誰だ!」って聞かれるくらいの存在感のないラスボスですから。
        そこまで気配を消していたのは大したものなのか、大したことはない者だったのか。

        >>わたしゃてっきり凪→ザギのダジャレ落ちだと思っておりました。

        むしろその落ちのほうが救われました。
        「なーんだ副隊長! かなわないなあ、はははは〜」

        >>1投目、約1,8
        ※私も長くてスイマセン。
        最終回だってのにねぇ。いきなり何かに乗り移られてるのに18年前だわ詩織隊員(っていうんですよ撃たれた彼女)ぶっ飛ばして悠々出て行くのをボーっとみてるわ、かと思うと追いかけて行くメンツのあまりの少ないこと少ないこと。・・・見所は満載でおちおち見てられない・・・ってそれってどういうこと?深いのか浅いのか・・・

        >打ち切られて尺が減ったのでしょうがないのでしょうが、ザギ?にはひと言言っておきたい。先週のうちに変身しておいて、せめて2週くらいがんばれ。
        吉良沢にも「おまえは誰だ!」って聞かれるくらいの存在感のないラスボスですから。わたしゃてっきり凪→ザギのダジャレ落ちだと思っておりました。ラスボスがオヤジギャグ言いまくりか?とか、別の意味で脳内補完してました。無駄でしたが。

        >長くてすみません。
        思わず尺を測ってしまいました。1投目、約1,851バイトありました。拙ブログへ頂いたコメントとしては金字塔でございましょうや。又のお越しお待ち申し上げておりますです。



        • mawi
        • 2005/06/27 12:19 AM
        Kyanさんいらっしゃいませ。

        >意外に奇麗にまとまったなという気がします。
        あれこれ積み残しはありますが、おっしゃるとおりのまとまり具合で、ネクサスなりの
        決着としてはいい終わり方だったと思います。言いたいことは山積みですが、笑顔で見送りたい気持ちになりました。

        > ウルトラマンガイアもそうでしたね。
        ああそうでしたねぇ。昆虫大発生というのでは龍騎もそうでした。
        ここ最近の世界の終焉のトレンド(なのか?)に踏み込まない、その心意気が円谷スピリッツでしょうかね。
        これからもどうぞよろしくお願い申し上げましょう。


        ANCHORさん いらっしゃいませ。

        >終わりましたなあ、ネクサス。
        ブレイドみたいな「本当にこれ終わるの?」的不安はなかったんですけどね、見終わって感じるのは奇妙な安堵感でしたね。

        >1ヵ月ほど前、なんで予告編のあとに「まっくすまっくす」とセブンのパチもんみたいなやつが現われて叫んでいるのかと不思議に思い
        なんかね、部下とカラオケに行って思い切り「マイウェイ」歌ったはいいが場の空気を凍らせたことだけは認識した上司が、とっさにサザンとか歌いだすような、そんな妙な焦りに似た媚を感じますた。歌いたかったんでしょ、マイウェイ。だったらちゃんと最後まで歌いなさいよ、ですわ。

        >とかいう陰の薄かった隊員が急に主役級に躍り出る展開に、もう気持ちがすーっと離れまして(笑)。誰なん、あんた(笑)。
        付け焼刃でサザン歌うおっさんと一緒なので、そこらへんの「いきなり」加減は超ド級なわけです。三沢のツヴァイ然り。そこらへんまで味わえるようになったら私らも大人の階段を一歩上がれるということなんでしょうか。そこらへん「まん宇」の領域に近いのか遠いのか。

        >地下最深部で宙に舞い上がる石堀?(←半疑問形)を容赦なく撃ちまくるTLTのみなさん
        〜中略〜
        >気が散って落ち着いて観てられません
        • mawi
        • 2005/06/27 12:15 AM
        ……コ、コメントが途中で切れてる……。
        ここでも打ち切りか、ネクサス。

        |地球の破滅をもたらす奴が、変身して10分ももたずに逝去ってどういうこと?

        入らなかったのは以上です。長くてすみません。
        終わりましたなあ、ネクサス。

        1ヵ月ほど前、なんで予告編のあとに「まっくすまっくす」とセブンのパチもんみたいなやつが現われて叫んでいるのかと不思議に思い、「まだまだ先の新番組を今から宣伝されたんじゃネクサスのスタッフも士気が落ちてやりきれまい」と同情してみたりもしましたが、そのときはとっくに“打ち切りが決まってた”んですな。毎週放映後にこちらを読ませていただいて、打ち切りを知った次第です……。

        で、ほんとに駆け足で終わりましたが、岩なんでしたっけ、岩堀?(←覚えてもいない)とかいう陰の薄かった隊員が急に主役級に躍り出る展開に、もう気持ちがすーっと離れまして(笑)。誰なん、あんた(笑)。

        もうひとり誰だっけ、陰の薄かった女性隊員(←覚える機会もなかった)に銃口を向け、頭を撃たなかったのは朝の子供番組だから許すとしても、凄みもなにもない棒読みの台詞回しで長弁舌を振るわれて、それで話をまとめようというのはあまりにも忙しく寂しい。

        地下最深部で宙に舞い上がる石堀?(←半疑問形)を容赦なく撃ちまくるTLTのみなさんだが、流れ弾が後ろの来訪者に当たってもいいのかとか、世界中から問い合わせを受ける司令室でがっくりうなだれてイヤイヤを繰り返す佐原健二と部屋からそっと逃げ出す管理官、どちらも指揮能力ないやんとか、ふたりの巨人が暴れる新宿でみなさん呑気に思い出を語ってますが、逃げる気ないのかよとか、観客の声援を受けた狐門ネクサスが背中に羽根を生やした森永の回し者みたいに変身するのはドラゴンボールか平成ガメラかよと思いつつ置くとして、成層圏ぶっちぎるほど黒い人を吹っ飛ばすのもどうかと思うし、吹っ飛ばされた黒い人がうまいこと軌道に乗ってしまったのもどうかと思うし、そこへ向かって地上から光線技を仕掛けず横着しないで飛んで近くまで行けよと思うし、そんなに射程のある長距離砲だったの?とか、お互い見えてるってその視力サンコンさんの何倍?とかもう、いろいろ気が散って落ち着いて観てられませんでした。

        打ち切られて尺が減ったのでしょうがないのでしょうが、ザギ?にはひと言言っておきたい。先週のうちに変身しておいて、せめて2週くらいがんばれ。地球の破滅をもたら
        最終回記念(笑)でトラックバックさせていただきます。
        意外に奇麗にまとまったなという気がします。

        >ゴキブリ大発生で世界が終わる
         ウケました(笑)
         ウルトラマンガイアもそうでしたね。
        • Kyan
        • 2005/06/25 3:28 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        最終回です。1秒でも見逃すと置いていかれます。それほど早いストーリー展開。とりあえずけんたまのひとりごとを実況であらわします。 「やっぱり石掘かよ。つーか最初から憑依してたの!?」 「副隊長変身だ!どんな色になるんだ・・・って捕らわれてるし、やら
        • シアワセノテイギ-シナリオライターけんたまのいろいろなこと-
        • 2005/06/29 9:04 PM
        ウルトラマンネクサス 最終話「絆―ネクサス―」。「諦めるな」は視聴者へのメッセージであると同時に,作り手達自身に向けられた言葉なのかもしれない(苦笑) 以下ネタバレあり。
        • Kyan's BLOG II
        • 2005/06/25 3:26 PM

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>

        recent comment

        recent trackback

        recommend

        ひなちゃんの日常
        ひなちゃんの日常 (JUGEMレビュー »)
        南 ひろこ
        やわらかくてあったかい、ひなちゃんの日常。

        recommend

        キャミソール&ワンピース
        キャミソール&ワンピース (JUGEMレビュー »)
        文化出版局, 月居 良子
        キャップスリーブに挑戦中

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM